ニュース

レアル・マドリードの高額移籍金ベスト11!C・ロナウドにジダン、DFには意外な選手も?

レアル・マドリードの高額移籍金のベストイレブンをドイツメディア「transfermarkt」が報じています。

クリスティアーノ・ロナウドやジダン、アザールなどの豪華メンバーが順当に選出される中、DFには意外な選手も選ばれています。

早速見ていきましょう。

レアル・マドリードの高額移籍金ベストイレブン

「transfermarkt」の報道をスペイン紙「AS」がインスタで引用しています。

この投稿をInstagramで見る

Diario AS(@diarioas)がシェアした投稿 -

■GK
ティポ・クルトワ
(チェルシー⇒3500万ユーロ(41億円))

■DF
ダニーロ
(ポルト⇒3150万ユーロ(37億円))
エデル・ミリトン
(ポルト⇒5000万ユーロ(58億円))
ペペ
(ポルト⇒3000万ユーロ(35億円))
フェルラン・メンディ
(リヨン⇒4800万ユーロ(56億円))

■MF
マテオ・コバチッチ
(インテル⇒3800万ユーロ(44億円))
ハメス・ロドリゲス
(モナコ⇒7500万ユーロ(87億円))
ジネディーヌ・ジダン
(ユベントス⇒7750万ユーロ(90億円))

■FW
ガレス・ベイル
(トッテナム⇒1億100万ユーロ(117億円))
クリスティアーノ・ロナウド
(マンU⇒9400万ユーロ(109億円))
エデン・アザール
(チェルシー⇒1億ユーロ(116億円))

前線と中盤にはクリスティアーノ・ロナウドやジダン、ベイル、アザールと豪華なメンバーがそろっています。

司令塔ジダンとゴールマシンのクリスティアーノ・ロナウドが共存しているマドリーを一度見てみたいものですね。

また、DFは意外と思う方も多いかもしれませんが、ダニーロ、ミリトン、ペペ、メンディで構成されています。

マドリーで活躍した選手となってくると、セルヒオ・ラモスやロベルト・カルロスなどが入ってきそうですが、やはり移籍金ランキングとなると違うようですね。

ダニーロは2015年夏、ミリトンとメンディは2019年夏にマドリーに移籍しており、近年の移籍金高騰の影響が見て取れます。

ミリトン、メンディは現所属でまだ1年目なので、これから移籍金に見合う活躍に期待です!

-ニュース
-

Copyright© アラマドリー! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.