レアル・マドリードのメンバー一覧|スタメンとフォーメーション【2019-2020】

所属選手一覧

※年齢は2019/8/31時点

背番号 選手名 国籍 年齢
GK
1 アルフォンス・アレオラ 26
13 ティボー・クルトワ 27
DF
2 ダニエル・カルバハル 27
3 エデル・ミリトン 21
4 セルヒオ・ラモス 33
5 ラファエル・ヴァラン 26
6 ナチョ・フェルナンデス 29
12 マルセロ 31
19 アルバロ・オドリオソラ※1 23
23 フェルランド・メンディ 24
MF
8 トニ・クロース 29
10 ルカ・モドリッチ 33
14 カゼミロ 27
15 フェデリコ・バルベルデ 21
16 ハメス・ロドリゲス 28
22 イスコ 27
FW
7 エデン・アザール 28
9 カリム・ベンゼマ 31
11 ガレス・ベイル 30
17 ルーカス・バスケス 28
18 ルカ・ヨビッチ 21
20 マルコ・アセンシオ 23
21 ブラヒム・ディアス 20
24 マリアーノ・ディアス 26
25 ヴィニシウスJr. 19
27 ロドリゴ・ゴエス 18
備考
※1:オドリオソラは冬にバイエルン・ミュンヘンへレンタルで放出
レンタル中の選手
選手名 レンタル先 国籍 年齢
アクラフ・ハキミ ドルトムント 20
マルティン・ウーデゴール R・ソシエダ 20
ダニ・セバージョス アーセナル 23
セルヒオ・レギロン セビージャ 22
アルバロ・オドリオソラ バイエルン 23
久保建英 マジョルカ 18
オスカル・ロドリゲス レガネス 21
ヘスス・バジェホ※2 ウルブス※3
⇒ グラナダ
22
ボルハ・マジョラル レバンテ 22
アンドリー・ルニン※2 バジャドリー
⇒ オビエド
20
アルベルト・ソロ サラゴサ 20
デ・フルートス ラージョ 22
ルカ・ジダン ラシン 21
ハビ・サンチェス※4 バジャドリー 22
備考
※2:バジェホとルニンはシーズン途中にレンタル先クラブを変更
※3:ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズの愛称
※4:シーズン中に完全移籍で合意

 

スタメンとフォーメーション

※シーズン中断前時点の序列です。シーズン再開後に変化あれば更新します。

基本形

監督:ジダン 4-3-1-2

2019-2020レアル・マドリードのフォーメーション図1

今シーズンは主力の負傷離脱と中盤~前線の序列が曖昧で、「これ!」と言ったベストメンバーは決め難いです。

が、全員怪我無く揃えばおそらくこのメンバー!

スタメン当確と言えるのは、クルトワ、ラモス、ヴァラン、カルバハル、カゼミロ、クロース、バルベルデ、ベンゼマの8名。

イスコ、モドリッチ、ヴィニシウスは起用が多いがスタメン当確には一歩届かず、という感じですが、ビッグマッチではイスコが使われていました。

マルセロメンディはの序列は五分五分なところですが、後半に向けてマルセロが序列を上げています。

そして本来主力のはずのアザールは怪我で半分以上離脱、アセンシオは長期離脱でシーズンを棒に振っています。

オプション①

監督:ジダン 4-3-3

2019-2020レアル・マドリードのフォーメーション図2

ロドリゴは主に右サイドで、シーズン前半~中盤ごろにはスタメンを確保していました。

逆にヴィニシウスシーズン中盤~後半にアザールの離脱もあり左サイドでスタメン起用が増えています。

モドリッチは加齢もあり序列は下がっているものの、クロースバルベルデとローテーションで多く起用されています。

オプション②

監督:ジダン 4-3-2-1

2019-2020レアル・マドリードのフォーメーション図3

実践回数は少ないですが、FW離脱が多かった時期にカゼミロ、クロース、バルベルデ、モドリッチ、イスコの中盤5人で1トップの形が採用されています。

スーペルコパ2試合バレンシア戦、アトレティコ戦ではこの形が採用(ベンゼマ負傷でこの時は1トップにヨビッチ起用)され、見事にタイトルを獲得しています。

 

Copyright© アラマドリー! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.