マッチレポート

【マッチレポート】グラナダvsレアル・マドリード(2020-21第36節)

image@realmadrid.com

2021/5/13に開催されたリーガ第36節グラナダ vs レアル・マドリードの試合。

4-1で勝利するという結果になりました。

>試合データ

>スカッド

>ハイライト動画

雑感

希望をつなぐ勝利

今回の勝利で再び首位アトレティコに勝ち点差2と迫る2位に。

リーガ残り2試合となり、アトレティコが1つでも引き分ければ逆転優勝も可能という状況です。

アトレティコは2試合はオサスナ(H)、バジャドリー(A)。

一方マドリーの2試合はアスレティック(A)、ビジャレアル(H)。

クラブ名だけ見ればマドリーのほうが高いハードルが待ち受けているのは間違いありません。

バジャドリーが最終節まで降格争いを演じてくれれば、モチベーション的には好都合でしょうか。

追いかける立場で逆転のために他力本願はやむを得ないですが、それとは関係なくマドリーは2連勝で終えたいところです。

2人のカンテラーノ

この試合DF登録の招集メンバーはミリトン、ナチョ、オドリオソラ、ミゲルの4名のみ。層の薄さが地獄ですね。笑

試合ではミゲルが左サイドバック、MF登録のマルビンが右SBで起用されました。両者ともカンテラーノです。

2人ともこの試合の出来は上々。特にインパクトを残したのはミゲルのほうですかね。

この試合最大のハイライトの一つはやはり先制点ですが、モドリッチのフィニッシュはもちろんミゲルのふわっとしたパスも見事でした。

ここら辺の決定機を演出するパスセンスはマルセロを彷彿とさせます。

先制点アシスト以外にも全体的に安定したプレーで、今季残り2試合手薄な守備陣を救う救世主になるかもしれません。

ジダンとマルセロの噂

ミゲルが先発起用に関連して、マルセロが招集外であることも話題となっています。

試合前にあった一部報道によると、メンバーを外されたのは怪我ではなくジダンとマルセロの衝突によるものだと。

この件に関して試合後にジダンは、マルセロが筋肉に不快感があってリスクを冒したくなかっただけだと発言しています。

ジダンは選手と摩擦を起こすタイプではないので、試合後の発言通りなのではと思いたいです。

シーズン終了後にマルセロを売却したいクラブ側の意向で、機関紙に報じさせたというところも考えてしまいますが、真相は不明です。

ロドリゴ

前半終了間際に右足一閃のナイスゴールでした。

今季リーガで初得点。シュート技術は持っているはずなのに、ここまで点を獲れていないのが信じがたいです。

アセンシオにも言えることですが、シュートチャンスを手にできれば決めきる力はあるのに、中々その機会を作り出せないんですよね。

シーズンは大詰めですが、今回のゴールがきかっけになってほしいところ。

 

リーガ残り2試合は全試合同時刻開催で、1節だけで順位が入れ替わる可能性が残されています。

マドリーの2連勝、そして他の結果がマドリーの味方をしてくれることを願うばかりです。

試合データ

2021/5/13 29:00キックオフ @ヌエボ・ロス・カルメネス
グラナダ
レアル・マドリード

モリーナ(71') 得点者
モドリッチ(17')
ロドリゴ(46')
オドリオソラ(75')
ベンゼマ(76')
10 シュート数 16
5 枠内シュート数 7
355 パス本数 665
76% パス成功率 88%
35% ボール支配率 65%

 

スカッド

監督:ジダン 4-3-3

>全試合のスタメン布陣

選手 ゴール
アシスト
MOM
選手評価
Marca As
スターティングメンバー
クルトワ ★★★
マルビン  ★★
ミリトン  ★★★
ナチョ  ★★
ミゲル ★★
カゼミロ ★★
モドリッチ  ★★★
バルベルデ  ★★
ロドリゴ  ★★
ベンゼマ  ★★
ヴィニシウス  ★★
ベンチメンバー 
ルニン  
アルトゥーベ
オドリオソラ  ★★
ブランコ
クロース
イスコ 
アザール 
アセンシオ 
マリアーノ  s/c s/c
備考
:ゴール :アシスト :イエローカード :イエローカード2枚 :レッドカード :途中交代 :途中入場 :MOM

>全試合の選手成績

ハイライト動画

試合ハイライト

試合の舞台裏

 

今季各選手の個人成績はコチラ↓

-マッチレポート

Copyright © アラマドリー! , 2020 All Rights Reserved.