マッチレポート

【マッチレポート】レアル・マドリードvsレバンテ(2020-21第21節)

2021/1/30に開催されたリーガ第21節レアル・マドリード vs レバンテのマッチレポート。

ハイライト動画

試合ハイライト

 

試合データ

2021/1/30 24:15キックオフ @エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノ
レアル・マドリード
レバンテ

アセンシオ(13') 得点者
モラレス(32')
ロジェール(78')
8 シュート数 14
2 枠内シュート数 8
410 パス本数 465
86% パス成功率 88%
47% ボール支配率 53%

 

スカッド

監督:デビッド・ベットーニ 4-3-3

選手 ゴール
アシスト
MOM
選手評価
Marca As
スターティングメンバー
クルトワ ★★ ★★
オドリオソラ
ミリトン 
ヴァラン
メンディ
カゼミロ 
クロース
モドリッチ
アザール 
ベンゼマ 
アセンシオ 
ベンチメンバー 
ルニン  
アルトゥーベ
チュスト
マルセロ
アリーバス  s/c s/c
ブランコ
イスコ
ヴィニシウス 
マリアーノ  s/c s/c
備考
:ゴール :アシスト :イエローカード :イエローカード2枚 :レッドカード :途中交代 :途中入場 :MOM

 

感想・振り返り

メンディ不敗神話の終わり

メンディが加入した19-20シーズン以来、これまで彼が先発出場したリーグ戦は32試合24勝8分と負けなしが続いてた。

いつからかメンディはお守りとして語られ始めたが、残念ながらこの神話は33試合目で途絶えることになってしまった。

10人での戦い

前半9分にミリトンが退場したことにより、ほとんどの時間を10人で戦うことに。

それでも1点差の惜敗と健闘はしたものの、早々の退場は致命的過ぎた。

前節アラベス戦に4-1快勝に続き、アタッカー人も勢いに乗るチャンスでもあっただけに、プランを全て壊すことになった退場は悔やまれる限り。

ミリトン

退場となった場面は、意図的に手をかけたり足をかけたりしたものではなく少し厳しめの判定であった印象。

ただ決定機を潰したのは事実であり、ミリトンの進路に体を入れ上手くファールをもらった相手を褒めるしかない。

ラモス、ナチョとCBが同時に離脱しており、ミリトンは3試合連続スタメンを手にしていたところ。

戦力に数えられるために絶好のアピール機会であったが、3試合通してジダンを説得するほどのパフォーマンスではなく、むしろ今節は最悪の結果を導いてしまった。

次節も出場停止であり、ラモス、ナチョらが復帰したら現状4番手のミリトンの厳しい立場は続きそうだ。

アセンシオ

結果は逆転負けながらも、1人少ない中で希望を感じる先制ゴールを決めた。

今回のゴールで褒めるべきは素晴らしいパスを通したクロースだが、アセンシオもパフォーマンスが向上している。

1月初戦のセルタ戦あたりから裏抜けの意識が向上したのか、抜け出す場面が増えてきたように見える。

マドリー攻撃陣は足元で受けたがる選手が多いため、裏抜けを仕掛けるのはチームとしても非常にプラス。

チーム状態は決して良くないが、アザールともにアセンシオのパフォーマンス向上は数少ないポジティブな要素だろう。

 

次節、アウェーのウエスカ戦に臨む。

 

今季各選手の個人成績はコチラ↓

マドリーの試合を観るなら DAZN と WOWOW

 

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

ドコモユーザーの方はお得⇒ DAZN for docomo

-マッチレポート

Copyright © アラマドリー! , 2020 All Rights Reserved.