ニュース

【Marca】中心選手らがジダン監督に数試合の起用メンバー固定を要求

12/26、Marca報道。(要点翻訳)

 

レアル・マドリードは現在6連勝という素晴らしい状態だが、ほんの数週間前にはクライシスに陥り、チャンピオンズリーグ敗退の危機に直面していた。

 

シャフタール・ドネツク戦での敗北の後、連勝が始まったセビージャ戦の前にチームのリーダーたちとジダン監督はミーティングを行った。

リーダーグループはラモス、モドリッチ、ベンゼマ、カゼミロらで構成され、クロースもこのグループの一部を形成している。

 

選手達は、今後数試合を特定のメンバー、フォーメーションで戦う必要があり、ローテーションすべき時は今ではないと主張。

彼らは現状の困難な試合を乗り切るために1つの堅実なユニット(メンバー、布陣等)を確立したいと考えていた。

 

それ以来ジダンはほとんどローテーション起用することはなく、出場停止や負傷、先週ヴィニシウスが体調不良だったようなケースのみ先発メンバーを変更。

この方針は機能しており、セビージャ戦以降6連勝を記録している。

ロスブランコスはクリスマス休暇から戻った後、次戦エルチェ戦で良い状態を維持することを望んでいる。

-ニュース

Copyright © アラマドリー! , 2020 All Rights Reserved.