マッチレポート

【マッチレポート】エルチェvsレアル・マドリード(2020-21第16節)

2020/12/30に開催されたリーガ第16節エルチェ vs レアル・マドリードのマッチレポート。

ハイライト動画

試合ハイライト

試合の舞台裏

 

試合データ

2020/12/30 29:30キックオフ @エスタディオ・マヌエル・マルティネス・バレーロ
エルチェ
レアル・マドリード

フィデル(52') 得点者
モドリッチ(20')
6 シュート数 14
3 枠内シュート数 6
342 パス本数 718
82% パス成功率 91%
32% ボール支配率 68%

 

スカッド

監督:ジダン 4-3-3

※今回Marca、Asとも評価掲載なし

選手 ゴール
アシスト
MOM
選手評価
Marca As
スターティングメンバー
クルトワ
カルバハル 
ヴァラン
ラモス 
マルセロ
カゼミロ 
クロース 
モドリッチ
アセンシオ 
ベンゼマ
バスケス 
ベンチメンバー 
ルニン  
アルトゥーベ
ミリトン
ナチョ
メンディ
オドリオソラ
バルベルデ 
ウーデゴール
アザール 
ヨビッチ
ヴィニシウス 
マリアーノ
備考
:ゴール :アシスト :イエローカード :イエローカード2枚 :レッドカード :途中交代 :途中入場 :MOM

 

感想・振り返り

連勝ストップ

公式戦6連勝で迎えた年内最終戦、残念ながら連勝の流れは継続できず。

昨シーズン中断明けから10連勝でリーガ制覇を果たしたように、今のマドリーにはモチベーションや雰囲気が非常に重要な要素でしょう。

言ってしまえば崩れやすいチームでもあるので、連勝ストップから悪い方向に向かわないかは若干の懸念です。

マルセロ

失点シーンに直接かかわったわけではないものの、マルセロが先発すると勝率が大きく下がるという傾向に今回も当てはまってしまった形に。

前半惜しい場面を作るなど攻撃では見せ場を作ったものの、やはり守備ではわかりやすく穴になってしまいます。

マルセロの空けた裏のスペースを使うのはマドリーの対戦相手にとってセオリーのようなもので、今回もセオリー通りに狙われていました。

守備のデメリットを相殺するほどのメリットを攻撃面で披露できれば良いですが、フルマッチ通してみるとやはりメンディからポジションを取り返すには程遠い印象です。

カルバハル

残念ながら失点の原因を作ってしまったカルバハル。

決定的でもない場面で過剰に相手をホールディングしてしまい、経験があって堅実なカルバハルにしては不用意なプレーでした。

その他の場面でもミスが目立ち、珍しくプレーが優れなかったため、バスケスをサイドバックに下げて交代してもよかったかもしれません。

アザール復帰

負傷離脱から戻ってきたアザールは終盤に途中投入で実戦復帰。

ここら辺で一発決勝点でも決めて救世主にでもなればメディアからの批判やファンの期待含め良い方向に向かいそうなものですが、結果的には全くのノーチャンス。

プレーエリアもゴールから遠く、相手を脅かすようなプレーはありませんでした。

アザールの起用に慎重なジダンですが、次節あたり先発出場はあるでしょうか。

 

次戦、新年一発目はホームでセルタを迎え撃ちます。

 

今季各選手の個人成績はコチラ↓

マドリーの試合を観るなら DAZN と WOWOW

 

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

ドコモユーザーの方はお得⇒ DAZN for docomo

【WOWOW_新規申込】加入月は無料でご視聴可能!
wowow

DAZNとWOWOWについて詳しくはこちら参照。

レアル・マドリード|ライブ放送&見逃し配信なら【DAZNとWOWOW】

レアル・マドリードの試合をライブ中継で観戦したい!見逃した試合をフルマッチで見たい! そんな方向けにマドリーの試合を観る方法についてご紹介します。 レアル・マドリードの試合を観るなら DAZN or ...

続きを見る

-マッチレポート

Copyright © アラマドリー! , 2020 All Rights Reserved.