ニュース

レイニエルがトップチームで初練習か。逸材DFミゲル・グティエレスと共に下部から参加

レアル・マドリードの下部組織に所属しているレイニエル・ジェズスミゲル・グティエレスが、トップチームの練習に参加する見込みであるとスペイン紙「マルカ」が伝えています。

 

下部組織から2名の逸材がトップチーム練習に

マルカによると、リーガ再開に向けて段階的な規制解除のフェーズが進み、1グループ14人までの複数名での練習が可能となっています。

そのためジダン監督は2グループ28名の選手を必要としており、今回下部組織からレイニエル・ジェズスミゲル・グティエレスが参加するようです。

 

レイニエル・ジェズス

レイニエルは冬にレアル・マドリードへ移籍しカスティージャ登録にされ、今回が初のトップチームとの練習参加となります。

すでにトップチームでプレーしているヴィニシウス、ロドリゴと同じく若くしてマドリーに引き抜かれた逸材で、

移籍して間もない3/7に行われたカスティージャでのコルーショ戦では早速2ゴールの活躍を見せています。

 

ミゲル・グティエレス

ミゲルはレイニエルと同い年の18歳で、カスティージャより一つ下のフベニールAに登録されている選手です。

サイドバックでもセンターバックでもプレーできるDFですが、主に左SBとしての出場機会が多くなっているようです。

今年3月にはクラブと2024年6月まで契約を更新し、自身のインスタグラムで投稿していました。

昨夏のアウディカップ、フェネルバフチェ戦ですでにトップチームでプレーした経歴を持っており、レアル・マドリードの未来を担うと期待されている逸材です。

 

-ニュース

© 2020 アラマドリー! Powered by AFFINGER5