移籍情報

【移籍の噂】ハーランドのレアル・マドリード移籍の可能性は?プレースタイルや起用法も!

今欧州サッカーで最も注目されていると言っても過言ではないのがアーリング・ブラウト・ハーランド選手

そんなハーランドの獲得をレアル・マドリードが企てているとかいないとか。。噂が流れています。

信憑性はわかりませんが、今夏の最優先ターゲットをハーランドにしているなんてメディアの情報もありますね。

とりあえず個人的にはめちゃくちゃ獲得してほしい選手です!笑

今回はハーランドがどんな選手なのか、またマドリー移籍の可能性についてまとめて行きます。

アーリング・ブラウト・ハーランドってどんな選手?

プロフィールは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Erling Braut Haaland(@erling.haaland)がシェアした投稿 -

名前:アーリング・ブラウト・ハーランド(Erling Braut Haaland)

国籍:ノルウェー

生年月日:2000年7月21日

身長:194cm

ポジション:FW

所属チーム:ボルシア・ドルトムント

ヴィニシウスと同い年の若者です。

むしろ誕生日はヴィニシウスが7/12で9日違いとかなり近いみたいですね。

またハーランドはインタビューで、子供のころに憧れていた選手にスウォンジーで活躍したミチュを挙げています。

意外な選手ですね。笑

また現在も憧れている選手としては、クリスティアーノ・ロナウドイブラヒモビッチの2人のようです。

プレースタイルは?

やはり注目すべきは圧倒的な決定力でしょう!

今シーズンだけで言えばレバンドフスキやハリー・ケインなどワールドクラスのストライカーと肩を並べる実力を見せています。

シュート技術、エリア内でのポジション取り、こぼれ球への寄せなどストライカーに必要な能力を兼ね備えており、加えて爆発的なスプリントも魅力です。

まさにクリスティアーノ・ロナウドが抜けてからマドリーに欠けているカード

獲得のデメリットを上げるとすれば、今年ブレークしたばかりなのでプレーの継続性は未知数という点はあるかもしれませんね。

レアル・マドリードでの起用法はどうなる?

やはりポジションはセンターフォワード以外ないでしょう。

現有戦力とどのように組み合わせていくかが問題になりますね。

現状のFWは、

ベンゼマ、アザール、ベイル、アセンシオ、ヴィニシウス、ルーカス・バスケス、ヨビッチ、ロドリゴ、マリアーノ

ある意味大渋滞の状態。笑

この中でスタメン確約を選ぶとしたら、間違いなくベンゼマとアザールになるでしょう。(逆に他の選手は割と序列が曖昧。。)

両選手ともジダン監督の信頼が非常に厚く、補強があってもこの2人がスタメンから外されることは考えづらいです。

ですのでハーランドを入れて前線のユニットを組むとしたらベンゼマ、アザール、ハーランドとなってくるかもしれません。

アザール  ハーランド  ベンゼマ

 

またアザールはトップ下でのプレーも好きとも語っており、ベンゼマ、ハーランドの2トップ、アザールトップ下という形もあるかもしれませんね。

ハーランド  ベンゼマ

アザール

 

移籍実現の可能性はどれくらい?

まず前提として、今季シーズン中断などの影響を受けたクラブの経営状況から、補強の動きは鈍いということ。

そして仮に経営状況を考慮しなくとも、ハーランドの今夏の獲得はほぼないでしょう。残念ながら。

とは言え可能性は0じゃないと信じて、まずはポジティブな要素から!笑

2021年夏から契約解除金7500万ユーロ(90億円)

まずはハーランドに2021年の夏から有効な契約解除金7500万ユーロ(90億円)が設定されているということ!(メディアによっては2022年夏から有効と報道しているところもあり。)

これはハーランド側がさらなるステップアップを見越した契約をドルトムントに要求したと思われます。

もちろん黒幕はやり手代理人のライオラ!笑

ということで1、2年の内にハーランドがドルトムントから移籍する可能性は比較的高いと思われます。

あとは”移籍が今夏なのか””ハーランドが望む移籍先はどこなのか”というところですね。

ハーランド父「スペインが合う」「ウーデゴールとプレーするのが好き」

スペイン紙「AS」が報じたところによると、父のアルフ・インゲ・ハーランドが「息子はラ・リーガがプレーするのが良いだろう」「息子はウーデゴールとプレーするのを好む」と発言していました。

確かにハーランドとウーデゴールは仲がよさそうなんです!

 

マドリディスタにとっては朗報!笑

と言いたいところですが、そう思い通りにいかないのが移籍市場。。

過去には、

デ・リフト「他のチームでフレンキー(デ・ヨング)とプレー出来たら良い」と言いながらユベントスへ移籍しました。

オーバメヤン「ドルトムントを去るときはレアル・マドリードへ移籍する時だけだ」と言いながらアーセナルへ移籍しました。

もちろんクラブから納得のオファーが届かなければ何も始まりませんが、移籍に関する過去の発言はあまりあてにならないということです。

移籍の可能性があるチームに目配せした、いわゆる匂わせ発言的なことは移籍市場ではよくあるので、ハーランド父の発言を鵜呑みにし過ぎないほうが良いですね。

アザールくらい「夢のクラブはマドリー」「マドリーでプレーしたい」と毎年言ってくれればいいのですが。笑

今のところまだハーランドの真意はわかりません。

マドリー含め、ユーべ、バイエルン、バルサ、プレミア勢など多くのビッグクラブからオファーが届くことになるであろう人気銘柄なので、今後の発言に注目です。

代理人ライオラ「今夏にドルトムントを去ることはないと思う」

3月に「マルカ」インタビューで代理人ライオラが「レアル・マドリードに最高の選手を連れていきたい。この夏トライする。」と発言しています。

この発言で注目を集めるのがやはりポグバとハーランドですが、ライオラはさらに「(ハーランドは)今夏にドルトムントを去ることはないと思う」とも言っています。(ではほとんどポグバのことですね。。)

ハーランドは冬にユベントスからオファーがあったものの、出場機会を懸念があったようでドルトムントを選択しています。

ハーランドとしては自身の成長を、ライオラとしては顧客の市場価値を上げることを優先的に考えると、エースとして活躍できているドルトムントを半年で去ることは考えづらいですね。

そんなところで個人的には今夏の獲得はほぼないと思っています。

果たして来夏以降にハーランドを射止めるクラブはどこになるのか、これからの展開に注目です。

そして、、、ぜひマドリーへお願いします!!笑

【移籍の噂まとめ】レアル・マドリードの補強候補の選手一覧!次に獲得する選手は誰?

噂も含めてレアル・マドリードの補強候補に挙がっている選手一覧をまとめて行きます。 移籍の可能性については、2020年夏の期間に実現するかどうかです。 管理人の完全主観なので賛否両論あると思いますが、一 ...

続きを見る

-移籍情報
-

© 2020 アラマドリー! Powered by AFFINGER5