ニュース

【Marca】ヴィニシウスがマドリーかバルサか選んだとき

11/6、Marca記事。元ネタのドキュメンタリー「VINI, FOR REAL: episode 3」より一部補足。

 

ヴィニシウスのドキュメンタリーシリーズで、2017年5月にレアル・マドリードへの移籍が決まった際にマドリーかバルサかを選択する必要があったことを明かした。

 

ヴィニシウスは当時を振り返る。

「僕が南米U-17選手権に参加していたとき、両親はバルセロナに向かって出発したんだ。そして彼らが戻ってきたら、今度は2日後にマドリードに向けて飛び立った。彼らはクラブを訪れ、全てを見てここがプレーすべき場所だと感じていた。」

そして父は、「息子はいつもマドリーのファンだった。それは彼へ影響を与えていたと思うよ。」と付け加えた。

 

また代理人はヴィニシウスがどのようにマドリーを選んだのかを明らかにした。

代理人フェデリコ・ペーニャは、「南米U-17選手権が終わった後、複数の国の5つのクラブがオファーの準備ができていた。」(そこにはマンチェスターCとPSGも含まれていた)と語っている。

 

さらにもう一人の代理人ルーカス・ミネイロは次のように話した。

「フレッド(フェデリコ・ペーニャ)は私に電話して『私たちはヴィニと話さなければならない。彼が決定を下さなければいけない時だ。』と言った。レアル・マドリードなのかバルセロナなのか。私はヴィニに『家族と話して決断を下すんだ。』と伝えた。」

「ヴィニはWhatsappで私に非常にシンプルで明確なメッセージを送ってきたよ。『僕たちは世界最高を目指している。レアルだ。』とね。」

image@instagram.com/vinijr

image@instagram.com/vinijr

 

そしてヴィニシウスはいつもビデオを見ていたというロナウドと一緒にマドリー入団会見に臨んだ。

-ニュース
-

© 2020 アラマドリー! Powered by AFFINGER5