特集・コラム

クリスティアーノ退団以降ゴール数が勝ち点を下回る。マドリーの深刻な得点力不足。

ここ数シーズン得点力不足に悩まされ続けているマドリー。

ASなどではクリスティアーノ・ロナウドの存在と絡めてゴール数の露骨な減少を嘆くような報道が飛んでいます。

そしてゴールマシーンの退団以降ゴール数が勝ち点を下回り続けているというデータも。

過去10年の勝ち点とゴール数の推移

Season Points Goals G/P
2009-10 96 102 1.06
2010-11 92 102 1.11
2011-12 100 121 1.21
2012-13 85 103 1.21
2013-14 87 104 1.20
2014-15 92 118 1.28
2015-16 90 110 1.22
2016-17 93 106 1.14
2017-18 76 94 1.24
2018-19 68 63 0.93
2019-20 87 70 0.80
2020-21※ 10 6 0.60

※2020-21は第6節終了時点(内1試合未消化)

 

 

クリスティアーノが退団したのは2018年夏。

そして2018-19シーズンからゴール数が勝ち点を下回っています。

リーガでの1シーズン平均のチームゴール数を見ると、クリスティアーノ在籍時は107G/シーズンに対し、退団後は67G/シーズン。リーガだけで年間40ゴールも減少しています。まさにクリスティアーノがとっていたゴールが丸ごとなくなったようなもの。

またジダン一次政権の時の無得点試合は149試合中9試合(6%)。一方でジダン二次政権からは67試合中13試合(19%)もの試合で無得点を記録。

昨季のマドリーはMF、DFらのゴールを加えてFWの得点力不足を何とかカバーし、それであって失点を最小限に抑え1点差で競り勝つスタイルを確立。リーグ戦わずか70得点ながらタイトルを獲れたことは賞賛に値します。

 

しかしながら今シーズン第6節まで終えた現時点で相変わらずの得点力不足を露呈し、先日には昇格組カディスに酷いパフォーマンスで敗戦。

昨季のスタイルを貫き今シーズンも勝ち点を重ねることができるのか。あるいは得点力不足を打開する方法を見つけることができるのか。

レンタルバックのみの補強ゼロで迎えた今シーズンの試行錯誤はしばらく続きそうです。

-特集・コラム

© 2020 アラマドリー! Powered by AFFINGER5