マドリー通

アザールの名言や珍発言!「ハンバーガーは試合後に大事なもの」

エデン・アザールの名言や発言をご紹介していきます!

 

「いつも直感でプレーしているよ」

チェルシー公式のインタビュー記事より。

「試合中は周りを見て、次に何が起こりそうか考えているか」の問いに対して、アザールが答えた言葉。

色々なことを見ようとしているけど、フットボールは素早い判断が求められる。右足と左足、どちらでパスを出そうか10秒も考えている時間はないよ。

相手が来てしまうからね。ボールを受けた時は直感で最適だと思う判断をしているよ。ドリブルがいいと思った時はドリブルをするし、パスの時はパスをして動きなおすね。

いつも直感でプレーしているよ。 

出典元:Chelsea公式

また「sky sport」のインタビューでも、プレーについて「直感でやっている、あまり考えてはいない」と答えています。

こちらのインタビュアー、誰だか気づきましたか?元フランス代表のアンリ氏です。

今でこそ「直感でプレーしている」というアザールですが、今までの経験や努力の結果なのでしょうね!

 

「コンディションを保つ秘訣は、練習で全力を出さないこと」

2017年11月、練習の様子を聞かれたアザールは、好調の秘訣についてこのように答えました。

練習で僕自身で足を守っているかって?もちろんそうしている。トレーニング中は全力を出さないようにしているんだ。時々トレーニングにもかかわらず、リスクを冒してプレーしようとする選手がいるが、僕は蹴られたくないんだ。なるべく休憩を取りながら淡々と練習している。

シーズン中、休みは決して多いとは言えない。だから、できる限り練習中はコンディションを整えることに終始して、試合で全力を出し切れるようにしている

出典元:GOAL

また元チームメイトのジョン・オビ・ミケルは、アザールについてこのように発言しています。

「僕が一緒にプレーした中で一番怠け者だったのはアザールだ。メッシほどじゃないかもしれないが、信じられない才能を持っている。彼は足元で何でもやりたいことが出来てしまうんだ」

「彼は一生懸命トレーニングすることを好んではいなかった。僕たちが練習している間、僕たちが引き上げるのをただ立って待っていたんだ。でも、日曜日になるといつでもマン・オブ・ザ・マッチだ。信じられなかったね」

トレーニングでは手を抜き、試合に備えていたのは本当のようですね!

 

「お前ら愛してるよ」

2019年夏にレアル・マドリードに移籍したアザール。

チェルシーの選手が日々やり取りをしている『WhatsApp』のグループ内で別れを告げました。

ありがとう。お前ら、愛してるよ。

image@dailymail

 

チェルシー時代のチームメイトエメルソンは、

「あいつは突然、『ありがとう。お前ら、愛してるよ』って送ってきた。おかしいなとは思ったよ。あいつが別れを告げるまで、僕らは移籍について何も知らなかったんだ。

だからメッセージが送られてきてから、しばらくして、”エデン・アザールが退出しました”と表示がされた時に『クソッ! 本当にアイツはいなくなってしまうんだ』って思ったね」

とコメントしています。

このひと言の中に、チームメイトへの大きな感謝と愛が込められているのでしょう。

 

「僕の映像を見ているならね」

2019-20シーズン、マドリーに移籍したアザールと久保建英にこんなやりとりがありました。

久保
「試合前にあなたの映像を見ています」

アザール
「素晴らしい!」

インタビュアー
「久保は良いプレーしているよね」

アザール
もちろん。僕の映像を見ているならね

この時の会話の動画がこちら!(41秒~)

 

 

「ハンバーガーは試合後に大事なもの」

2018年のロシアW杯前にベルギーの国王がベルギー代表を激励に行った時の話。

フィリップ国王がアザールに話しかけます。

国王
「エデン、好きだからってあまりハンバーガーを食べすぎちゃだめだよ」

アザール
「王様、ハンバーガーは、試合後に大事なものなんですよ。食べすぎはよくないですけど、1つは大丈夫。ベルギーなんだから」

国王
「フリッツなしで?」

アザール
「いや、フリッツはつくでしょ。基本ですよ」

出典元:ベルギー情報サイト「青い鳥BE」

ここで出てくるフリッツとは、フライドポテトのことみたいですね。

この時のやりとりの動画がこちら。(1分9秒~)

実はフィリップ国王がアザールにハンバーガーの話をしたのは、ある理由があったんです。

話は遡ります。2011年6月、EURO予選のトルコ戦で当時20歳だったアザールは途中交代でピッチを退くと、スタジアム外のハンバーガーショップに直行。

まだ試合が行われている最中にハンバーガーを食べているところを目撃され、最終的に1試合の出場停止処分が科されました。

これを「ハンバーガー事件」と呼びます。フィリップ国王はこのことをいじっていたのでした。笑

アザールはのちに「試合後はいつものことだけど、あの時は本当に空腹だったんだ。愚かな行為だということは分かっていたけどね。でも、教訓を得たよ」と語ったそう。

 

以上、アザールの名言&珍発言でした!

セルヒオ・ラモスの名言まとめ「クラブの為なら何度でも血を流す」

セルヒオ・ラモスと言えば闘志溢れるプレーで、味方からするとかなり頼もしい存在です。 そんなセルヒオ・ラモスの発言をまとめてみました。   「経験があきらめるなと言っている」 2015年3月の ...

続きを見る

-マドリー通
-,

Copyright© アラマドリー! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.