マッチレポート

【マッチレポート】レバンテvsレアル・マドリード(2020-21第5節)

2020/10/4に開催されたリーガ第5節レバンテ vs レアル・マドリードのマッチレポート。

ハイライト動画

試合ハイライト

試合の舞台裏

 

試合データ

2020/10/4 23:00キックオフ @エスタディオ・デ・ラ・セラミカ
レバンテ
レアル・マドリード

得点者
ヴィニシウス(16')
ベンゼマ(95')
11 シュート数 13
4 枠内シュート数 3
424 パス本数 514
81% パス成功率 84%
45% ボール支配率 55%

 

スカッド

監督:ジダン 4-3-3

選手 ゴール
アシスト
MOM
選手評価
Marca As
スターティングメンバー
クルトワ ★★★ ★★★
ナチョ   ★★
ヴァラン ★★ ★★
ラモス
メンディ
カゼミロ  ★★
モドリッチ  ★★ ★★
バルベルデ  ★★ ★★
アセンシオ  ★★
ベンゼマ ★★
ヴィニシウス  ★★ ★★
ベンチメンバー 
ルニン  
アルトゥーベ
チュスト
マルセロ
ウーデゴール  s/c s/c
イスコ  s/c s/c
バスケス 
ヨビッチ
ロドリゴ  ★★
備考
:ゴール :アシスト :イエローカード :イエローカード2枚 :レッドカード :途中交代 :途中入場 :MOM

 

感想・振り返り

首位浮上

マドリーは開幕から3勝1分で首位浮上

第1節を延期しており2位ベティスより消化試合が1試合少ないながらリーガを先導しています。(バルサ、セビージャは2試合未消化で勝ち点並ばれる可能性あり。)

今季ここまでを観る限り、得点力不足には相変わらず悩まされているものの、昨季6月のリーガ再開後に見せたような1、2点差で勝ち切る強さは保っているもよう。

ヨビッチやウーデゴールなど戦力に組み込むなど新たな布陣を模索しながら勝ち点をしっかり取れているのはポジティブですかね。

ベンゼマ、マドリーで250点目

今節終了間際のゴールで、マドリーでの公式戦250点目を記録。

そのうち58ゴールはクリスティアーノが去ってから決めたもので、クリスティアーノがいたときの約1.3~1.4倍のペースで得点を重ねています。

言わずもがな替えの効かない大エース。それでもゴールに波があるので、ピークを上手く後半に持ってきてタイトルをもたらしてほしいところです。

カルバハルの代役はナチョ

カルバハル、オドリオソラと立て続けに負傷し本職が不在となった右サイドバック

メンディやらバスケスやらと噂が上がっていましたが、注目の穴埋めはやはりナチョ!(個人的にはメンディでも面白いとも思っていましたが。)

パフォーマンスは上々で復帰戦とは思えない出来ですね。

オドリオソラと比べると低い位置でボールを持たせたときに安心感があります。攻撃参加はカルバハルのような迫力はないものの代役はしっかりとこなしていた印象。

オドリオソラはじきに復帰すると見られていますが、それでもカルバハルのセカンドチョイスはナチョのほうが良いかと。

ジダンがどのような判断を下すか注目どころですね。

クロース不在

今回だいぶ慌ただしくオープンな展開が続きましたが、クロースの不在の影響が感じられますね。

クロースがいればもう少しテンポをコントロールして落ち着かせてくれそうなところ。これが続くとモドリッチ、バルベルデが消耗してしまいますが、代表ウィークを挟んで次節は復帰できる見込みなのでひとまずは安心です。

 

とにかく苦しい試合でしたが勝ち点3をもぎ取り、良い雰囲気で代表ウィークが迎えられそうです。

-マッチレポート

© 2020 アラマドリー! Powered by AFFINGER5