マッチレポート

【マッチレポート】レアル・マドリードvsアスレティック・ビルバオ(2020-21スーペルコパ準決勝)

2021/1/14に開催されたスーペルコパ準決勝レアル・マドリード vs アスレティック・ビルバオのマッチレポート。

ハイライト動画

試合ハイライト

 

試合データ

2021/1/14 29:00キックオフ @ラ・ロサレーダ
レアル・マドリード
アスレティック・ビルバオ

ベンゼマ(73') 得点者
ラウル・ガルシア(18')
ラウル・ガルシア(38')
21 シュート数 8
6 枠内シュート数 4
667 パス本数 280
89% パス成功率 71%
70% ボール支配率 30%

 

スカッド

監督:ジダン 4-3-3

今回Marca、Asとも評価の掲載なし

選手 ゴール
アシスト
MOM
選手評価
Marca As
スターティングメンバー
クルトワ
バスケス 
ヴァラン 
ラモス
メンディ
カゼミロ
クロース 
モドリッチ 
アザール 
ベンゼマ 
アセンシオ
ベンチメンバー 
ルニン  
ミリトン
ナチョ 
マルセロ
バルベルデ 
イスコ
ウーデゴール
ヴィニシウス 
マリアーノ 
備考
:ゴール :アシスト :イエローカード :イエローカード2枚 :レッドカード :途中交代 :途中入場 :MOM

 

感想・振り返り

決勝クラシコならず

前日に行われたもう一つの準決勝はバルサがソシエダを破り決勝進出。

決勝戦でのクラシコが期待されたものの、ビルバオ相手に敗北を喫し大会から姿を消しました。

全体としてチームの出来は決して悪いわけではないという印象ですが、迂闊なミスから2点ビハインド、やはり今のマドリーに2点差を追いつく力はありません。

バスケス

バスケスのパスミスと迂闊なエリア内でのファールによるPKで2失点。失点のきっかけを作り、敗北の直接的な原因となってしまったのは間違いないです。

ただこれまで右ウイングとしてスタメンに定着し、カルバハルが離脱の際は右サイドバックに入り、18戦連続休みなく先発出場で疲弊している現状を考えると批判のやり玉に挙げることは難しい。

ひとまずカルバハルの復帰で彼にも休みを与えたい限り。

アセンシオ

試合を通して今季ベストのパフォーマンスで、この試合の中でも最もインパクトを残した選手でした。

ゴラッソ未遂が複数回あり、どれか一つでも決まっていればというところ。

今季序盤全くシュートを打たなかった時期と比べると、バイタルでボールを持った時にシュートという選択をするようになったのは良い傾向で、コンディションが上向いている証でしょう。

左足の精度は素晴らしいものを持っているので継続が望まれます。

アザール

本調子からするとまだまだ、エリア内に侵入しチャンスを作る場面が何度かあり、少しずつ上向いてはいるという印象。

アザールに期待することはもっと大きく、マドリディスタを満足させるにはまだほど遠いです。

ローテーション

相変わらず今試合もスタメンを固定して臨みました。

しかしセビージャ戦、アトレティコ戦と連勝を続けたときの魔法からは解け、エルチェ、グラナダに引き分け、そして今回スーペルコパでの敗北。

メンバー固定することでモチベーションやメンタル面からくるパフォーマンスの向上は一時的な効果がありましたが、早くも限界が来ているように見えます。

連勝できるからこそメンバー固定が肯定できていたものの、結果が振るわないのであればまた少しずつローテーションを加えていくべきだと感じられます。

シーズン半ばまで到達し戦力外気味のメンバーを積極起用は難しくもありますが、少なくともバルベルデ、ナチョ辺りは積極的に先発起用に入れて良いのではと。

下降気味のチーム状態において、ジダンの手腕が試されます。

 

次節、コパ3回戦アルコヤーノ戦に臨みます。

 

今季各選手の個人成績はコチラ↓

マドリーの試合を観るなら DAZN と WOWOW

 

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

ドコモユーザーの方はお得⇒ DAZN for docomo

【WOWOW_新規申込】加入月は無料でご視聴可能!
wowow

DAZNとWOWOWについて詳しくはこちら参照。

レアル・マドリード|ライブ放送&見逃し配信なら【DAZNとWOWOW】

レアル・マドリードの試合をライブ中継で観戦したい!見逃した試合をフルマッチで見たい! そんな方向けにマドリーの試合を観る方法についてご紹介します。 レアル・マドリードの試合を観るなら DAZN or ...

続きを見る

-マッチレポート

Copyright © アラマドリー! , 2020 All Rights Reserved.