マッチレポート

【マッチレポート】レアル・マドリードvsマジョルカのハイライトと選手評価(2019-20第31節)

2020/6/24に開催されたリーガ第31節レアル・マドリード vs マジョルカのマッチレポートです。

ハイライト動画

試合ハイライト

試合の舞台裏


試合データ

2020/6/24 29:00キックオフ @エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノ
レアル・マドリード
マジョルカ

ヴィニシウス(19')
ラモス(56')
得点者
14 シュート数 11
6 枠内シュート数 4
520 パス本数 410
88% パス成功率 86%
55% ボール支配率 45%

フォーメーションと選手評価

フォーメーション
選手 ゴール
アシスト
MOM
選手評価
Marca As
スターティングメンバー
クルトワ ★★
カルバハル ★★
ヴァラン ★★ ★★
ラモス  ★★★ ★★★
メンディ  ★★
モドリッチ  ★★
バルベルデ ★★
アザール  ★★
ベイル 
ベンゼマ  ★★
ヴィニシウス  ★★ ★★★
ベンチメンバー 
アレオラ
アルトゥーベ
ミリトン
マルセロ
ハビ・エルナンデス
イスコ 
クロース 
マリアーノ  s/c s/c
アセンシオ 
ハメス
ブラヒム  s/c s/c
ロドリゴ
備考
:ゴール :アシスト :イエローカード :イエローカード2枚 :レッドカード :途中交代 :途中入場 :MOM

感想

アザールとヴィニシウスの共存

今シーズン初となったアザールとヴィニシウス両選手の先発起用

ジダンは試合前の会見で「選手が最も快適でいられることに興味がある。ヴィニのポジションはエデンの位置だが、彼らは一緒にプレーすることができる」と話しており、発言通りの起用となっています。

ヴィニシウスは得意な左サイド、アザールが中央トップ下の位置で主にプレー。

攻撃面ではベンゼマも含め良い連携を見せることもあるところもあり、決して悪くはなかった印象です。

特にヴィニシウスは技ありループの先制弾。(難しいシュートのほうが上手くない?笑)

これまで常にローテーションの関係だった2人ですが、ジダンにとって新たな選択肢が増えたというところですかね。

カゼミロ不在の代償

カゼミロの不在の影響はかなり大きかったですね。

特に前半は中盤をスルスルと運ばれてエリア手前で食い止める場面が多かった。。

後半アザールと交代でクロースを入れてからは多少落ち着いたものの、カゼミロの替えが効かない感はまた露呈してしまいましたね。

無失点には抑えたものの、モドリッチ、メンディは警告を受け次節出場停止となっています。

爪痕を残した久保建英

得点やアシストこそなかったものの印象的なプレーを見せた久保。

被ファール数は5回と、ドリブル技術の高さが際立っていました。

(クロースやメンディにイエロー出させて、本当に厄介なことをしてくれた。笑)

試合後の会見でジダンは久保に関して、

「タケクボはとてもうまく試合をプレしていた。彼はとても熟練していて、常にゴールに向かっている。彼が来シーズン、レアル・マドリードに戻るかどうかは後で分かるだろう。」

と話しています。

マドリーに戻ることがあるのか、またレンタルで他上位クラブへステップアップできるのか、

今日ジダンの目の前で見せたプレーが去就に影響するかもわかりませんね。

今試合の名場面

今回の試合の名シーンはこちらの3つ。

カピタン、6シーズンぶりの直接FK

セルヒオ・ラモスの2013-14シーズン以来の直接FKゴールは今季公式戦10ゴール目

また直接FKゴールは、マドリーとしては昨シーズンセバージョスがベティス戦で決めて以来1年半ぶり。苦笑

(誰かもうちょっと決めてくれー!)

クロース、ラモス、メンディをかわすタケ

敵チームながら、あっぱれ。

日本のスポーツニュースで何回も流されそう。笑

試合後のアザールと久保建英

3:36:01〜 久保建英関係者にユニフォーム渡す
3:36:07〜 久保建英アザールと談笑

やっぱり日本人としては気になってしまいます。

アザールと久保は何を話しているんですかね~。

-マッチレポート

© 2020 アラマドリー! Powered by AFFINGER5